DIgitalAts

i-FILTER@Cloud

新世代の標的型攻撃対策

最新版の「i-FILTER」Ver.10がサーバーレスで利用できるようになりました。

「i-FILTER」が把握している広大なWebの世界で業務利用可能 把握していない悪性URLはすべてブロック ・「i-FILTER」のDBは、これまでの「ブロック対象となりうるURLをカテゴリ分類する方式」から、 「あらゆるURLをカテゴリ分類する方式」に変更しました。 →検索サイトでヒットするWebサイトのURLを、コンテンツのURLまで含めてDB登録することで、  C&Cサーバーの隠れ先である「ダークネット」や「Deep Web」をあぶり出します。 ・アクセスしようとするURLが未登録のURLだった場合は、クラウド上の「i-FILTER」にURLが通知され、  デジタルアーツにてカテゴリ分類後にローカルDBへ配信されます。 →この仕組みにより、継続的な網羅率100%を実現します。 内部からの情報漏洩と外部からの攻撃に一貫して対応 「i-FILTER」と「m-FILTER」の連携によって、内部からの情報漏洩だけでなく、標的型攻撃などの外部からの攻撃にもワンストップで対応可能です。 統合レポートにより、一目でWeb・Mailのリスクを把握可能 Webとメールからのマルウェア感染やデータ流出対策がより強固になり、多層防御対策費用や従業員の教育費用の削減を実現いたします。 サーバー不要・初期設定済みですぐに運用開始可能 企業規模に関係なく、コストや工数を抑えて手軽に導入することができます。

DigitalArts>i-FILTER@Cloud

​お知らせ・新着情報

 新着情報 

​WeBeeNEXT遠隔サポートプラン開始

2020年2月1日 

 新着情報 

START UP プラン発売開始

2019年11月1日 

 ​新着情報 

​CloudService販売開始

2019年10月1日 

Copyright © 2020 by WEBee All rights reserved.